デイビッド フリン  教授 Prof. David Flynn / ヘリオットワット大学


担当講演

講演 6:「Sustainable Energy and Robots 」(持続可能なエネルギーとロボット)2021.12.19 13:00〜14:00


略歴

ヘリオットワット大学でスマートシステムの教授。また、スマートシステムグループ(SSG)の創設者。システムエンジニアリングとサイバーフィジカルシステム(CPS)を専門とし、英国国立エネルギーシステム統合センターおよびEPSRCインテリジェンス構築の博士課程トレーニングセンターのアソシエイトディレクター。
スコットランド工学技術研究所(IET)では、副所長を勤める。 研究は、サイバーフィジカルシステム分野の、システム、組織、ネットワーク、社会における持続可能性を促進させ、適応力を生み出すための課題、機会、基盤となる技術を追求するもの。
SSGの研究は、データ分析、人工知能、システムエンジニアリングおよびデジタル化により、グローバルな課題の解決および革新方法を探っている。研究は過去15年間で1億5,000万ポンド(日本円でおよそ225億6000万円)に相当し、社会と産業における信頼できる自律型アシスタント(ロボット)、重要なインフラとシステムの変革、持続可能なネットゼロに向けた解決策に焦点を当てている。

■ デイビッド フリン  教授のペーパーとグループ紹介

https://researchportal.hw.ac.uk/en/persons/david-flynn/publications/

https://smartsystems.hw.ac.uk

Prof. David Flynn is a Professor of Smart Systems at Heriot-Watt University and the founder of the Smart Systems Group(SSG). He has expertise in Systems Engineering and Cyber Physical Systems (CPS). Professor Flynn is the Associate Director of the UKs National Centre for Energy System Integration and EPSRC Centre for Doctoral Training in Embedded Intelligence. He is also the Vice-Chair of the Institute of Engineering and Technology (IET) Scotland.
Professor Flynn’s research explores the challenges, opportunities, and underpinning technologies within Cyber Physical Systems as to promote sustainability and create resilience in systems, organisations, networks and societies. The research of the SSG explores how data analysis, artificial intelligence, systems engineering, and digitalisation can be used to discover and innovate solutions to global challenges. Professor Flynn’s research portfolio, which equates to £150M over the past 15 years, focuses on trustworthy autonomous assistants in society and industry, transformation of critical infrastructure and systems, and solutions towards sustainable net zero.

TOP
PAGE TOP