デイビッド イングラム  教授 Prof. David Ingram / 英国エジンバラ大学 工学部 数値流体力学科長


担当講演

講演7:「欧州における大学と産業界が連携した実践型ドクターコース人材育成 IDCOREプログラム
2021.12.19 14:00〜15:00


略歴

エジンバラ大学の工学部で数値流体力学(CFD)の学科長を務める。CFD30年以上勤務し、北海道、京都、広島、長崎の大学との共同研究を行う。 2011年、ウォレス教授とブライデン教授とともに、FloWave海洋エネルギー研究設備(直径25mの円形潮流波力テストタンク)の設計および建設のための資金を確保する。
(FloWave2014年から運用され、産学ともに利用されているものである。)
博士課程への長年の関心により、博士課程人材育成IDCOREセンターの運営の成功へつながり、2011年以来当センターではこの4年間プログラムに年間10人の学生が在学。 IDCOREの学生は、実践型の幅広いトレーニングプログラムと研究プロジェクトに携わる。また、IDCOREの学生は最小規模の中小企業や技術開発者からEDFWood社などの大企業までさまざまな企業でリサーチを行っている。
2020
年、IDCOREはスコットランドで、「スキルへの貢献」にあたるグリーンエネルギー賞を受賞。IDCOREの設立以来センター長を務める。

Prof David Ingram holds a Chair in Computational Fluid Dynamics (CFD) in the School of Engineering at the University of Edinburgh.  He has worked in CFD for more than 30 years and collaborates with researchers at the Universities of Hokkaido, Kyoto, Hiroshima and Nagasaki.  In 2011, together with Professors Wallace and Bryden, he secured the funding to design and build the FloWave Ocean Energy Research Facility – a 25m diameter circular combined wave and current basin.  FloWave has been in operation since 2014 and is used for both academic and industrial research. His long standing interest in Doctoral training led to a successful bid to run the IDCORE Centre for Doctoral Training and since 2011 the centre has been enrolling 10 students per year on its four year programme.  IDCORE students undertake a bespoke and wide ranging training programme and a research project based in Industry.  IDCORE students are based in companies ranging from the smallest of SMEs and technology developers, to large enterprises like EDF and Wood Plc.  In 2020 IDCORE was awarded the Scottish Green Energy Award for “Contribution to Skills”.  Prof Ingram has been the Director of IDCORE since its formation.

TOP
PAGE TOP